HOME>移住者インタビュー>自分で考えて決断して行動した岡山への移住。穏やかで心地好い日々をすごしています。

沢知恵さん
沢知恵さん
出身地:神奈川県
現住所:岡山市北区
移住年:2014年
年齢:44歳
家族構成:3人(本人、娘、息子)
職業:歌手、会社役員
  • 岡山市北区
  • 40代
  • Iターン
  • 会社経営
  • 家族移住

移住までの流れ

  • step1
    岡山への移住を決意
  • step2
    インターネットや
    知人から情報収集
  • step3
    学校や不動産を下見
  • step4
    岡山市へ

移住者インタビュー

自分で考えて決断して行動した岡山への移住。穏やかで心地好い日々をすごしています。

岡山市への移住を決められたきっかけは?
イメージ1
私は関東の出身なのですが、岡山の街との最初の出会いは、歌手としてライブ活動のために訪れた1998年頃のことでした。その後も何度か岡山を訪れるうちに、「岡山っていいな」「いつかは岡山に住んでもいいかな」と漠然と感じ始めていたことを覚えています。

その「いつか」が思ったよりも早くやって来るきっかけの一つが、東日本大震災でした。当時、私たち家族は千葉県で生活していたのですが、震災後は以前のように子どもたちを外で遊ばせてもよいものかどうか気になってしまって、もっと自由な雰囲気で子育てができる環境に移りたいと考えるようになりました。

もう一つのきっかけは、瀬戸内海にある国立ハンセン病療養所・大島青松園との交流です。まだ私が赤ちゃんだった頃にボランティアをしていた父と一緒に大島青松園を訪れたのが最初の出会いでした。入所者の方はその後もずっと私のことを覚えてくださっていて、2001年からは毎年、大島青松園でコンサートを開催するなど今でも交流が続いています。ただ、みなさんも高齢になって「年々仲間が減ってしまって寂しい」という声を聞くようになり、それがちょうど震災をきっかけに私が西日本への移住を考えていた時期でもあって…。岡山へ移住すれば、大島青松園への交通の便もずっとよくなるなという思いもありました。

移住を決めるにあたってこうした幾つかのきっかけはあったのですが、最後は自分で考えて「岡山に移住しよう」と決めて、そのための行動を本格的に開始しました。自分の中では「バンジージャンプ」と呼んでいる大きな決断でした。
移住するまでの流れを教えてください。
移住の決意を固める前にも、保育園の下見などで岡山に来たことはありました。ただそのときは、当時暮らしていた千葉県のコミュニティをすごく気に入っていたこともあって、なかなか決めかねてしまっていたんですね。

移住を決意してからは、本格的にインターネットで情報収集をしたり知人から話を聞いたりして、子どもの学校や不動産を下見するために、再び岡山を訪れました。子どもたちとも一緒に岡山に来て、移住の準備を進めていきました。そして最終的に岡山に移住してきたのが2014年の春のことでした。
現在の生活について教えてください。
イメージ3
平日は自宅兼仕事場の家で、自分の会社の事務などを行っています。私たち家族と同じように東日本から移住して来た人に、アルバイトとして仕事を手伝ってもらったりもしています。自宅で仕事をしている分、子どもたちと接する時間が長く取れるのも、移住をして良かったことの一つですね。週末は歌手として全国でライブ活動を行っています。歌手の仕事は東京にいなくてもできますし、私の場合、岡山にいた方がかえって各地への移動が便利だったりします。

子どもたちは、やはり移住当初は以前の暮らしを懐かしがることも多かったのですが、最近では少しずつこちらでの暮らしにも慣れ始めたところです。
移住してみて苦労したこと、事前に調べておけばよかったことは?
やんちゃ盛りの子どもは遊んでいてちょっとしたケガをすることも多いと思いますが、子どもの医療費については、それまで暮らしていた地域と制度が違うことも多いと思うので事前に確認しておいた方が良いのかなと思います。

あとは放課後児童クラブ(学童保育)について、以前に住んでいた地域では19時まで開所しているところが多かったのですが、岡山では17時で終わってしまうところも多く、土曜日はお休みだったりして、少し戸惑うこともありました。
移住後に感じた岡山の魅力とは?
気候は想像以上に穏やかで安定していますね。地震も少ないなと感じます。「晴れの国」と言われるだけあって、朝方に空を見て少し曇っていたとしても「そのうち晴れるだろう」と自然に思うようになっていて、大げさにいえば人生観にも影響しているんじゃないかと思うくらいです。

食べ物もおいしいですね。ぶどうや桃などの果物はもちろん、魚もすごくおいしいと感じます。近所のスーパーで普通に買い求めることができる魚でも、関東に住んでいた頃に食べていたものと比べて味が濃いし、鮮度が違います。

適度に人との距離を置いてくれる関係性も、私にとっては心地好いです。ただ逆に言えば、自分の気持ちを受け留めてほしいと思っている人にとっては少しドライに感じるかもしれませんね。
移住を検討されている方へのメッセージ・アドバイス
イメージ6
総じて岡山は住みやすいですし、私は「おすすめします」と言いたいです。暮らしの環境は最高だと思っています。

人との関わり方は東日本と西日本では随分違うということは理解したうえで移住して来た方が良いかもしれません。ある意味では外国で暮らすのと同じ、異文化体験に近いものがあります。困っていることがあれば、「察してほしい」という態度ではなく、しっかり言わないとなかなか伝わりません。とはいえ、本当に困っている人はなかなか「困っている」と言えないもの。お互いに手を差し伸べていく雰囲気をつくっていくことも大事だと思っています。

他の動画一覧

pagetop

Copyright (c)2014 Okayama Life. All rights reserved.