HOME>防災・安全>ハザードマップ(洪水・土砂災害)

防災・安全

ハザードマップ(洪水・土砂災害)

岡山市では、平成28年3月に、洪水・土砂災害ハザードマップを作成(更新)しました。

洪水シミュレーション条件設定

洪水を流しにくい場所のうち、氾濫による被害が最も大きくなると思われる場所を破堤点に選んで浸水範囲を予想しています。想定雨量は次のとおりです。
【旭川水系旭川、百間川】
南海トラフ巨大地震が発生した場合
概ね150年に1回程度起こる大雨(旭川流域で48時間の総雨量が257ミリメートル)
【吉井川水系吉井川】
概ね150年に1回程度起こる大雨(吉井川流域で48時間の総雨量が270ミリメートル)
【旭川水系砂川(上道)】
概ね100年に1回程度起こる大雨(砂川流域で48時間の総雨量が268ミリメートル)
【笹ヶ瀬川水系笹ヶ瀬川、足守川、砂川(一宮)】
概ね100年に1回程度起こる大雨(笹ヶ瀬川流域の24時間の総雨量が188.5ミリメートル)
【倉敷川水系倉敷川】
概ね100年に1回程度起こる大雨(倉敷川流域の24時間の総雨量が181ミリメートル)

洪水被害、土砂関係被害共に利用できる避難所について

  • (1)2階以上もしくは付近より高台にあり、河川(旭川、吉井川、砂川、百間川、笹ヶ瀬川、足守川、倉敷川)から500m以上離れている。
  • (2)土砂災害警戒区域、危険箇所などの区域から離れている。
  • (3)浸水想定深よりさらに高い垂直移動が可能。
上記(1)(2)(3)のすべてを満たした施設を洪水被害、土砂関係被害共に利用できる避難所としています。

※屋外(立体駐車場)を主体とした避難所は除外しています。
※状況によっては、待避場所として適さない場合があります。

洪水・土砂災害ハザードマップ

注意点

避難所については『避難勧告・指示』などとともに開設する場所をお知らせします。
(住民の方々が先に集まった場所を、後追いで開設のお知らせをする場合があります)
開設された避難場所だけが待避場所ではなく、事前に決めた地域の避難場所や、場合によっては自宅・隣接建物の2階なども『避難場所』です。
『避難勧告・指示』などが発令されていない時などに、自主的に避難する場合は、待避先を原則として各自あるいは自主防災組織等地域において、知人宅や集会所等をあらかじめ決めておく必要があります。どうしても自主避難をする場所が確保できないときは、市災害対策(水防)本部が避難可能な最小限の施設を調整します。
お問い合わせ

岡山市危機管理室
TEL:086-803-1082

pagetop

Copyright (c)2014 Okayama Life. All rights reserved.