HOME>防災・安全>ハザードマップ(津波)

防災・安全

ハザードマップ(津波)

岡山市では、平成28年3月に、岡山県が公表した「南海トラフの巨大地震による津波高・浸水域」に基づいて津波ハザードマップ(南海トラフ巨大地震を想定)を作成しました。
南海トラフによる地震は、発生確率が高く、大きな被害を及ぼすことが予測されており、 この地震により、激しい揺れのほか、津波による被害も予想されます。

津波ハザードマップの条件設定

【想定地震】
南海トラフ巨大地震が発生した場合
(津波断層モデルモーメントマグニチュード9.1)

※国の「南海トラフの巨大地震モデル検討会」が作成したモデルを準用

【初期水位】
朔望平均満潮位(過去5年間の平均)

※朔望平均満潮位とは、各月の最高満潮面の平均値

【沿岸構造物】
防潮堤や河川堤防、水門などが、地震や津波によって各施設の機能が全て消失
【津波の到達時間】
津波は、地震発生後、津波の第一波は、約2時間50分前後で岡山市沿岸に到達すると想定。
最大津波高は、約2.6m(南区)、平均津波高は、約2m程度。

※津波高の数値は、東京湾平均潮位(T・P)からの高さ

津波ハザードマップ

注意点

津波災害の恐れがあるときは、市から避難勧告や避難指示を出しますので、速やかに避難してください。
また、市からの連絡がなくても、危険を感じたときは速やかに避難行動を行いましょう。
お年寄りや子どもをはじめとする災害時要援護者のかたは、早めの避難行動をとるようにしましょう。
特に津波の場合は、浸水想定が低いところにある避難所でも、必ず安全というものではありません。
津波からの避難では、できるだけ海から離れ、浸水想定区域外に避難を考えましょう。やむを得ず逃げ遅れた場合は、「津波避難ビル」などを活用しましょう。
お問い合わせ

岡山市危機管理室
TEL:086-803-1082

pagetop

Copyright (c)2014 Okayama Life. All rights reserved.