HOME>仕事>特別インタビュー「岡山Iターン転職事情」

仕事

特別インタビュー「岡山Iターン転職事情」

岡山市移住・定住支援協議会メンバー
株式会社キャリアプランニング
職業紹介事業部 部長 皆木秀明さん
インタビュー実施日:2015年3月10日

仕事や住まいをはじめとした移住相談にワンストップで支援することを目的に設置された岡山市移住・定住支援協議会のメンバーとして、移住希望者の転職相談にのっている皆木さん。Iターン転職を成功させるためのポイントについて話をお聞きしました。

有効求人倍率は高い岡山だが、キャリアを
活かした転職のためには視野を広げることも必要。

岡山の求人状況はどうでしょうか?
直近の状況についていえば、厚生労働省が発表したデータでは、平成27年1月の岡山県の有効求人倍率(季節調整値)は1.42倍でした。ちなみに、東京都は1.67倍で全国平均は1.14倍です。岡山の有効求人倍率は全国的に見ても比較的高い水準にあるといえるのではないでしょうか。サービス業をはじめ、建設業、製造業、医療福祉の業界などを中心に、活発な求人が行われているという印象です。
ただ、有効求人倍率が高いとはいえ、東京など都市部から岡山へのIターン転職を希望される方は、岡山での求人状況を見て少し戸惑うこともあるかもしれません。たとえば、専門的な業種、相対的に求人が少ない業種の会社で働かれていた方など、東京では多くの求人があっても、岡山ではその業種の求人がほとんどないというケースもあります。
転職にあたっては、これまでの自分のキャリアを最大限に活かしたいというのは誰しもに共通する思いだと思います。しかし、Iターン転職を検討する際には「これまでとは違う業種の会社で、自分のキャリアをどう活かしていくことができるか」というところまで視野を広げることも必要です。実際に、これまでとは違う業種の会社にIターン転職されて、活躍されている方も数多くいらっしゃいます。

pagetop

Copyright (c)2014 Okayama Life. All rights reserved.